読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万事、塞翁が馬

人生の幸・不幸は予測しがたい。京都の酒造ベンチャー"FLFS"の「名目上の社長」こと姉崎亮太の平凡な日常の記録。

酒税法の法改正について。特にクラフトビール

酒はどの国でも許認可産業でお上の言う事には逆らえない。税金を取るための道具として使われてるので、前提として法改正が消費者や事業者の利益になるってことはあんまりない。

今回は細々とあって手続きとか書類とか変わってめんどくさいな、とは思うけどやっぱり一番大きいのはビール類の改正だろう。

国税庁によるまとめはこちら https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/kaisei/aramashi2017/index.pdf

 うちはリキュールなんで関係ないんだが羽田ブリュワリーの鈴木さんが面白い記事を書いてたので紹介する。

.

発泡酒免許は今回の法改正によって2018年4/1を境に新旧2つに分かれるんだそうな。発泡酒免許では作れた商品の一部が新発泡酒免許じゃ製造できなくなる(それらはビール免許が必要になる)。

地ビール・クラフトビールの起業希望者がそれらを作りたい場合は

 A. 2018年3月31日までに、発泡酒免許を取得し、製造を開始する。
 B. 2018年4月1日以降に発泡酒免許を取得し、レシピで対応する。
 C. 2018年4月1日以降にビール免許を取得する。

ビール免許の取得は巨大設備が必要だから個人の小規模な起業では不可能。新免許だと商品展開に制限が加わるから、ベストなのはAの「3/31までに免許を何とかして取っちゃう」になる。

免許取得は最短で4か月だが実質6か月以上かかるので来年開業予定の起業家が3/31に間に合わせるなら遅くても8月の申請が必要。

この駆け込み需要がかなりあるはずで、かつ酒造免許取れる行政書士の人数は限られてる。早めに動かないと手伝ってもらえなくなる。

 

にしても鈴木さんはさすが本職(本業は酒類専門の行政書士)だ。僕なんて全く考えもしなかった。専門家というのは凄いですね。

プリンタを捨てる

長く使っていた(といっても2年ほどだが)プリンタ エプソン EP707Aの印刷がなんか変、という状態になり直しようがなかったので廃棄処分。後継はブラザーのレーザプリンタにした。インクジェットはインク詰まりのトラブルがめんどくさかった事と占領インクだったので水に弱かったからだ。

廃棄の前に分解。モータや液晶パネルなどを回収する。どんな機械もそうだけど分解するのは楽しい。特に捨てる前のもうどうなってもいいものの分解は後の組み立てを考えなくていいのでただただ楽しめる。

「あ、こんな風になってるんだ」

とか

「お、上手い事作ってあるな」

などの発見を楽しんだ。

レーザプリンタはレーザでトラブルが多い。謎の斑点がついたり、紙との相性であったり、とはいえインクが高い!ってのが一番の問題だ。全部とっかえると本体が2台買えるぜ。驚いた。

 

AIやロボットでそんな生産性上がらなくない?

毎年の事なんだが5月末締切の書類が山のようにある。書類との戦いに疲れた脳をチョコの甘さで癒している。
もう役所の書類書くのヤダ。こんな本質的でない雑用にいったい何時間取られてるんだか。

書類仕事に限らず雑用は多い。何かをやる度にその2倍3倍の雑用が生じる。工夫による作業効率の改善は数%なのでどれだけ工夫しようと新たに生まれた雑用が改善を上回る。それを人力で処理するから労働時間が増えていく。

労働投入量と売上の関係は一言で言えば「働く時間を増やしても売上はちょっとしか伸びない」だ。増えた雑用に時間がとられるのが原因だ。新たな収益源を求めて何かをする度に効率が悪くなる。仕事そのものが仕事の邪魔。喫煙者のいない喫煙所でタバコ吸いたい、みたいな話だ。


「じゃあ仕事の量を整理して労働時間と収益のバランスが一番いいところでゆるゆる働けばいいじゃん」
と考えがちだが、労働投入量を下げると売上はてきめんに下がるので現状維持すら難しくなる。目論見どうりに行けばいいが、行かないと気づいてからあわてふためくことになる。そこから慌てて労働力を投入しても、Too little,Too late.戦力の逐次投入で泥沼化という愚の骨頂になる。
「最初から最大限の戦力を投入しなさい」ってのが処方箋だ。 

労働時間を最大化して売上を最大化できればその年は大変でも次の年には人雇ったり設備投資したりで改善が可能だ。
逆に「労働時間を減らす」のは
A.売上が伸びる
B.売上が下がる
の2択になる。減らしつつ伸ばすのは縛りプレイで難易度が高い。たいていは減る。売上が伸びないと回収の目途が立たず設備にも人にも投資できないから売上が下がったまま八方ふさがりだ。

「労働時間と収益のバランスを」ってのは一見合理的だが実際には非合理な愚策だ。「とにかくいっぱい働け」ってのは愚かに見えるけど賢明だし、無難だ。
難易度の高い縛りプレイは実力のある達人にしかできない特殊な例だ。

働き方改革で労働時間を減らそうって話になってるけど
「達人がそんなにいっぱいいるわけないじゃん」
って思ってるから日本の未来には悲観的だ。一部の特殊な成功例はメディアで取り上げられるだろうけど、実際のところロボットやAIでの改善効果は低いだろう(はまれば強いけどね)。AIはデジタルデータしかあつかえないし、ロボットを入れるには建物の改修が必要だから取り組める会社自体がそんなにあると思えない。

逆に「一生懸命働く人が余るくらい大勢いる東南アジアや中国の経済発展の方が確実だろうな」
とも思ってる。こっちの経済発展の方がずっと難易度が低いし、ロボット+AI+人力の方がずっと強いからだ。

森友事件の証人喚問は楽しみだね

例の証人喚問がついに明日だ。
 
スティーブン・キングにファイヤスタータって小説がある。超能力をもってる子供の"親"が主人公で超能力を軍事利用しようとする政府から自分の子供を守ろうとするっていう話だ。警察とか軍隊とか役所とか全部が敵に回ったとしたらどれくらい怖いかってのを書いたSFホラー小説だ。
いろいろなことがあった結果、最後に主人公はNYタイムズに事のあらましを投書して真実が白日のもとに、って感じで終わる。
警察も含めた役所は権力の道具だし、大企業も裏で手を組んでるし、個人が最後に頼る正義はマスコミだったんだよね、当時は。
 
法廷ドラマでは主人公の弁護士が巨悪と闘うって話が多い。裁判所も最後のよりどころ、だった。
鈴木宗男事件やライブドア事件があって当事者たちが「日本の司法がいかにむちゃくちゃか」というのを本にしてる。なんせ最高裁判事が外務次官と社会保険庁長官の天下りポジションだ。検察と裁判所はべったりだ。
鈴木宗男ホリエモンも権力者に逆らって刑務所行きになった。法の下の平等なんてうそっぱちだ。
 
権力に追われる個人が最後に頼るものはちょっと前まではネットだった。
でもスノーデン事件があって国家権力がどれくらいインターネットを監視しているか暴かれた。youtubeの動画なんて簡単に削除されるし、トランプ支持のフェイクニュースもそうだし、消されたり大量のノイズで見えなくされる。
 
その手の映画とか漫画みるたびに「マスコミも裁判所もネットもクソじゃん。駆け込み寺なんてどこにもないじゃん」って思ってたんだけど、女優がカルト宗教に逃げ込んだり、メディアスクラムくまれてるオッサンが証人喚問に挑むとか最近は胸アツなニュースが多い。
もちろん幸福の科学なんてろくでもない話いっぱいあるし、籠池さんもきっと現実には活躍したりしないんだけど
「信教の自由」とか「立法府」とか権力者の支配に立ち向かえるなにかってまだ残ってたんだなって。
 
今後マンガでもアニメでも映画でも権力との戦いのクライマックスは国会になる。国に追われマスコミに大バッシングを受けた主人公は宗教団体に逃げ込み、弁護士とフリージャーナリストの助けを得てメディアで挑発し証人喚問を利用して権力者と直接対決する、という筋書きになるだろう。
追及されていた主人公が切り札を切る、余裕こいてた権力者が顔を真っ青にする、国会が静まり返る、議長が権力者に発言を求める、マイクの前にたつ、言葉が出てこない、水を飲もうとコップを手にするとその手がカタカタと震える。それをモニターで見た国民の一人一人が思う。
「あー、こいつ完全にクロだ」
そんな映画が今後つくられていく。
 
23日の証人喚問は漫画家や映画監督たちがこぞって見るはずで、ぜひとも資料価値の高い素晴らしい証人喚問をして欲しいと思っている。野党にはぜひ頑張ってほしい。

酒造免許 取得上のハードル

酒造免許を取るにはいくつかの障害がある。

  1. ヤクザや犯罪者、税金の滞納があると取れない
  2. 建物の確保
  3. 税務署以外の役所の許認可
  4. 酒造免許の条件

1.ヤクザや犯罪者、税金の滞納があると取れない

反社会勢力は国の認可事業にかかわれないという当たり前の話である。本人、法人の役員がそれに該当するととれないし、関わりがあるだけでもダメで免許を申請しても審査に落ちてしまう。

2.建物の確保

酒造免許は製造所単位で発行されるので住所が必須だ。「許可を得た製造所でなら製造していいよ」という制度だ。医者や弁護士の免許は人間単位だから引っ越しは自由だが、酒造免許は住所単位なので引っ越すとまたやり直しになる(移転の手続きは新規の申請よりは楽だが)。仕事が増えて狭くなったからといって近くに別の場所を借りて2か所で製造したい場合は2つ目は新規の交付の手続きが必要になる。
場所選び、物件探しは非常に重要だ。
借りる場合は大家さんの許可が必要で、賃貸契約書に一筆書いてもらう必要がある。

3.税務署以外の役所の許認可

酒造免許の交付の条件に「必要なほかの役所の免許が全部あること」というのがある。国の他の役所と地方自治体の認可だ。
思いつくだけでも、工場の営業許可(住宅地や農地は工場の建設ができない。逆はできる(工業地帯には住宅が建てれる))、建築基準法、消防法、水道、保健所(食品衛生法)の許可がいる。
地方自治体の認可は自治体ごとに許可基準が違う。これを調べてから物件を契約しないと「この建物じゃ許可出せないです」って言われたときに建物を改修しないといけなくなるのでお金がとてもかかる。

特にアルコールは60%以上だとガソリンと同じ「危険物(乙4類)」に指定されているので消防法の規制がかかる。消防署は人命を預かる役所でとても頑固なので要注意だ。建物を防爆使用で建設するか、「60%未満にしかならないようにする」「例外規定に収まるよう微量しか扱わない」など業務内容で調整する必要がある。

4.酒造免許の条件

これらを集めても日本酒(清酒)の製造免許はおりない。免許の交付条件に「需給調整要件」という規定があるからだ。「業界全体で生産量が前年割れしてる品目は既存事業者の保護のため新規参入を認めない」という規定で、経済学的にはナンセンスなんだが法律なんでしかたない。日本酒と焼酎は生産量がずっと落ちてるので新規の取得は無理だ。
ただし焼酎については「特産焼酎」という別の規定があるので、いくつか制限はつくが単式焼酎に限れば取得が可能だ。
(濁酒の会社が清酒の免許を取ったというニュースを2年くらい前に読んだ。詳細は不明なのでどうやったかはわからない)。

税務署の審査基準では他に「経験条項」「経営状態」の2つがひっかかりやすいかなというところ。
経験は「3日くらい研修受ければOK」経営状態は「新設した法人ならOK」なので一応抜け道はある。

ぶっちゃけた話をすれば、認可の取得そのものは専門の法律家を雇えば解決する。ただ、免許手に入れたら終わりじゃなくて「許認可事業者としての法的義務」があって法務はかなりめんどくさい。そっちは法律家はやってくれないので自分でしないといけない。
「許認可事業者の法的義務について」はまた次回、(気が向いたら)するよ。

---告知---
クラウドファンディングのプロジェクトが今週から始まったのでそれを見てほしい。
「黒川さんの京都レモンで作るリモンチェッロ」

camp-fire.jp


農家が高齢化で廃業してる。そこで「高齢でも育てやすい植物」としてレモンが注目されて京都でもレモンが作られてるのを知って、じゃあそれで商品作ろうかということになった。
お酒や農業に興味がある人に見てほしいし、facebooktwitterでシェアしてもらえると助かる

若いころは世の中って変わらないなと思っていた。

10歳くらいの時「代り映えのない日がなんでこんなに続くんだろう?」って不思議に思ってた。母親にそう言うと「人生は驚きの連続だ。少なくとも息子にそんなことを言われるとは思ってもいなかった」とあきれられた。

今にして思えばまったくの勘違いだ。世の中の変化が目まぐるしくって追いついていくのに必死だ。あと何年ついていけるんだろう?もう33だ。40が見えてきた。50の時はもう無理かな。
救いがあるとすれば時代に取り残されてるのが僕だけじゃないってことだ。

中国人のインバウンド消費が2015年は多かった。炊飯器とか家電とかを中国人がバンバン買っていった。2016年になって中国が内需拡大の方針を打ち出して税関を厳しくした。越境ECも整備され中国から通販できるようになった。「制度変更があったから今後インバウンド減るよー」という記事がダイヤモンドに載ってたのを覚えてる。
京都の商工会議所でインバウンドセミナーが頻繁に行われたのはそのずっと後だ。「今さら?」と思ったが複数回開催されてたようなので盛況だったんだろう。
決算シーズンが近づき、インバウンドでウハウハだった企業が業績ガタ落ちでつぶれそうという記事が最近新聞に載ったので思い出した。

コンピュータ雑誌のI/Oを好んで読んでいる。12月号にはアメリカのテクノロジーのお祭りの記事が載っていた。メインテーマはAIだ。名だたるIT企業の社長さんたちが講演する。
「"PC+インターネット"の時代がありました。"スマホ+IOT"の時代はすでに終わりました」
「これからはロボット+AIです!」
その通りだと思う。IOTは成熟し便利になった反面フロンティアとしての魅力はずいぶんと薄れた。可能性が開かれているのはAIだろう。
最近、補助金のシーズンが始まった。いろいろな役所の補助金の書類に目を通す。政府が働き方改革を行ってるので「生産性の改善に力を入れるなら補助します」とある。それのメインがIOTなんだ。

行政が何かするのは時代よりワンテンポ遅れる。それを受けて何かするとさらにひとつ遅れる。ちゃんとアンテナを張って自分で情報を取らないといかんね。

移民政策に対するネットの反応について

トランプが就任早々に移民政策の見直しに着手した。アメリカは移民の国だから移民が重要なテーマになる。

移民と難民は別のものだ。味噌と豆腐くらいちがう。この二つは区別しないといけない。
難民は国を追われた人だ。母国で戦争や政治弾圧にあってそのままいたら殺されちゃうor家族皆殺しにされちゃう、という人が別の国に行ったら難民になる。人道上の問題として保護することになってる。
移民は国から出て行った人だ。職を求めて母国を出て行った人。出稼ぎ労働者のことだ。

厳密な線引きはない。ジンバブエソ連みたいな経済破綻した国家からの大量流出を「経済難民」と呼ぶ。「経済」ってついてるのは正規の難民じゃないから。ただほかの移民とは区別するべき特別な事情があるから経済難民という特別な名前を付けている。移民、経済難民、難民の線引きはない。シリアから大量の難民がEUに行った。これは内戦があったから難民なんだけど、その中の相当数は豊かな暮らしを目指してEUに行きたかった人たちだ。移民色が強い難民だ。

移民は労働者だから移民問題は結局のところ経済問題だ。経済問題を起こさないために移民を規制すると人種差別問題になる。
先進国と途上国の貧富の差は大きい。男はヤクザ、女は売春婦しか生きるすべがない国に生まれれば「こんなところ出て行ってやる」と思うのは当然だし、応援したい気持ちはみんな持つ。かといって何十万人も来られると困る。その時は自国民を優先する。
どこの国で生まれたかはその人の責任じゃない。その人の責任じゃないことでペナルティを与える事は差別そのものだ。移民政策は人種差別と離すことができない。

移民を追い出すか受け入れるかは経済運営だから政府が決める。
イギリスは移民国家だ。景気がいいときは労働力不足になるから移民を受け入れる。景気が悪くなると失業率が上がるから移民を追い出して調整する。フランスは受け入れた移民を追い出さないが「フランス語を喋れ」「外ではヒシャブかぶるな」とフランス人になることを求める。「嫌なら出ていけ」だ。
日本は移民を(難民も)受け入れない。それは人種差別として国際的な批判があるんだが、日本国内では日本人でそれを批判する人がいないので移民問題はない。労働力不足にはなってて留学生とか研修生ということにして単純労働者を受け入れてる。一定期間で出ていく人を経済状況に合わせて受け入れてるのでイギリス型の移民政策だ。

移民は労働力だから受け入れは生産能力の強化だ。
EUの人の移動の自由化は経済大国ドイツとフランスが東ヨーロッパからの移民を取り込んで経済発展するためのものだ。イギリスは大英帝国の遺産のブリティッシュコモンウェルスがあり、インドやパキスタンからの移民を受け入れてる。中国も労働ビザ緩くて働いてくれる人は歓迎だ。大国の中で移民に厳しいのは日本くらいだ。
もちろん移民超大国はアメリカだ。

労働者は3つに分けられる。それぞれが1から3流に分かれる。
クリエイティブクラス:発明家やデザイナー、スポーツ選手、学者。給料は青天井だが、ごく一部の人しかなれない。
プロフェッショナル:医者や弁護士。高賃金だが責任が重い。職務を全うできなければ刑務所に行くことがありうる。
マックジョブ:単純作業労働者。ファストフードや清掃人。低賃金だが責任はない。
クリエイターとプロフェッショナルは希少で高価だ。1流の人材を集めるのは相当難しい。

超大国アメリカの経済力は移民の力だ。上場企業の創業者の半分は移民だ。ハーバードやプリンストンはどこの国の学者でも天才なら受け入れるし、メジャーリーグには日本人選手が大勢いる。ハリウッドのクリエイターや役者たちもそうだ。アメリカの主要産業は世界中からクリエイタークラスとプロフェッショナルを集めて運営している。大量に受け入れて供給過剰にすることで本来は希少な人材を大量に安く使える。

自動車会社はメキシコへの工場移設をやめた。大企業減税があるからコスト増はペイする。政府に貸しを作ることを選んだ。「アメリカの企業として当然です」とか言ってるけど「単純労働者なんて何人でもいい、いくらでも替えが効く」と思ってる。
科学者、映画界、gooleとTwitterは意見を表明した。これらは優れたクリエイターを世界中から集める産業だ。人の移動が止まるとイノベーションが止まり競争に負ける。移民がドイツでも中国でもなくアメリカに行きたいと思うから成り立ってる。「アメリカは移民の国だ。人種差別と戦う」とか言ってるけど、マックジョブにしかつけない単純労働者とは住む世界が違う。

意見というのは立場の表明だ。彼らは自分たちがどういう立場(利害関係)なのかわかっている。きれいごとだけを言えるのは無関係という立場の人間だ。
日本人の大部分はアメリカの移民政策と無関係だ。だから日本語のネット空間ではきれいごとばかりがあふれている。ヨーロッパもトランプに文句言ってるけど、去年メルケルがシリア難民大量に受け入れた時はブーたれてたじゃん。急に人種差別反対って言い出したのでちょっとビックリした。

ウソついてるとは思わない。本心で言ってると思うし、いい人なんだと思う。それでも、よくないとはわかってるがついついこういった冷笑的な目で見てしまう。よくないとは思ってるんだが。